散らかったデスク

業務をより簡素化できる労務管理システムの導入がおすすめ

● SITE MAP ●

よりスリムな手順で労務管理と人事業務を処理できるシステム導入を

人に何かを伝える時、紙を使う方法と電子的な方法の2種類があります。総じて、電子的な方法を使う方が、紙を使う場合よりも、同じ内容を伝えるにも少ない手数で済みます。これは、手紙を書く場合とeメールを使う場合を比較してみると、よく分かるでしょう。
人事あるいは労務管理まわりの業務を処理する場合についても、同じことが言えます。休みますと上長に伝える休暇申請は、社内コミュニケーションの一つですが、これを書類で作成し、捺印して提出という方法でしなければならないという法律はありません。つまり、電子的な処理に変更しようと思えば、各企業の裁量でそう決めて構わないのです。
人事労務管理にまつわる業務手順の大半を電子的に処理できるようにするには、人事労務管理システムを導入しましょう。一元管理可能なシステムなら、休暇申請に限らず、幅広い人事関連の手続きから、給与明細の発行、それに日々の勤怠レポーティングまで、一つのシステムにみんながログインして対応できるようになります。電子的な処理に切り替えれば、手順のスリム化が出来るだけではなく、社員の地理的な所在地に関わらず、同じスピードで手続きを進められるというメリットもあります。非常に便利ですので、是非導入して使ってみましょう。

システム導入とペーパーレス化で人事労務管理業務をもっと楽にしよう

紙で業務処理することに長年慣れている社員にとっては、紙を使う手順が何よりも安心で確実、しかも楽という認識かもしれません。しかし、ひとたび同じ業務をシステム化して、電子的な処理手順に変えてみると、恐らく、その便利さや楽さがすぐに分かるはずです。
例えば、人事労務管理業務は、多くの会社では、様々な種類の様式を用意して書類ベースの煩雑な手順で処理しています。しかし、慎重に検討してみれば、紙を使ってこの業務処理を行うことには、いくつか難しい点があることに気づくはずです。例えば、急ぎで忌引き休暇を取る必要があるのに、宅配便を使って遠隔地の事業所と本社で休暇申請書のやり取りをしていたのでは、休暇当日までに申請の承認が出来ない可能性が高いでしょう。このように、人事や労務管理関連の業務は、急ぎの対応が必要なものがいろいろとあるため、社員がどこの事業所にいても、瞬時に申請も承認も可能なシステム処理の方が好都合です。
最近は、人事と労務管理業務の大部分をカバーして一元管理できる人事労務管理システムを導入すると、紙ベースの業務の大半をペーパーレス化することが可能です。是非、導入を前向きに検討してはいかがでしょうか。

繁忙期の人事労務管理業務もシステム化でスマートに乗り切ろう

どの会社も年度の切り替え時期は忙しいものです。例年の新卒者の迎え入れがある会社は勿論のこと、仮にそのイベントがなくても、転勤や異動が多いのもこの時期だからです。そのため、人事部スタッフや、部下の人事・労務管理に責任を持つマネジメント職の人にとって、春先は毎年繁忙期という状態ではないでしょうか。
これに加えて、大勢の新卒採用者の受け入れ準備もしなければならないとなると、この時期だけでも臨時で人事担当者を増やしたいと思うかもしれません。ことに、新卒者の今後のキャリア管理の基礎情報となる人事データベースへの情報登録作業は、人事の担当者にとって大きな頭痛の種でしょう。しかし、この点では敢えて増員せずとも、代わりに人事労務管理システムを導入すれば、情報を登録される社員本人の手を借りることが可能になります。入社時に当該システムへのログイン手続きを教えて、各自に必要な情報をエントリーしてもらうのです。人事スタッフが少人数でこの登録作業を行うと過重労働になるところ、各自が自分の分のデータ登録を行うだけなら、スマートに業務処理できます。
入社時の手続きだけではなく、その後の労務管理にも対応できるシステムですので、是非一度機会を見て、導入を検討してみてはいかがでしょうか。


入社から退社するまで、沢山の手続きや申請を行うことがあります、そんな手続きや申請をスマホやパソコンに集約できる労務管理システムの『DirectHR』をご存知でしょうか?詳しくは公式サイトへ!

● ENTRY ●

● POST LIST ●

2019年07月10日
人事労務管理システムで負担が抑えられますを更新しました。
2019年07月10日
書式不要で安全に情報管理できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年07月10日
紙からシステム活用の電子処理に切り替え人事労務管理業務をスリム化を更新しました。
2019年07月10日
人事スタッフの採用前に人事労務管理システムも検討しようを更新しました。
TOP